Age of New Magincia
出雲のNew Magincia・・・もうひとつの街の名前、Shangri-la island!
☆第三回 Maginci A La Mode ☆
Shangri-la island住人のお住まい紹介の第三弾は・・・・
最近店主がご無沙汰だったせいか、店内に閑古鳥が鳴きまくっているお針子Shop、Maginci A La Modeをご紹介しますw

Maginci A La Mode-a1

確か夏頃に改装されたんだったと思います。 New Magincia(TもFも含めて)では唯一の服飾専門店。
大理石の壁と黒御影石の床で構成された格調高いファザード。階段部はライトブラウンの木製。ところどころの植物群が明るい雰囲気を演出していますね。

Maginci A La Mode-b1

そして店内は・・・
お針子ベンダー販売スペース、窓際の商談コーナー、奥の作業スペース、マネキンディスプレイと分かれています。
訪れたお客は飾られている服をみて買い物意欲が刺激され、お針子ベンダーたちを物色し、気に入った物があれば買い物をする。
また無ければ作業スペースで忙しそうに縫い物をする店員に声を掛け、商談スペースで特注の相談をするのでしょう。
なるほど!ここでなら貴方のピッタシの服は手に入ることは間違いなさそうです。w

Maginci A La Mode-c1

更に二階にもお店スペースは続いています。
ここは試着室が設けられている事から、対面販売スペースなのでしょうか。角に飾られた金魚鉢が涼しげです。もう晩秋ですがw
あとここのチョコ系の床ですが、何も敷かないでスッキリとスペース出していて美しいと感じました。木目が綺麗だからかな。
また奥には箱庭的なかわいい空間がアクセントになっています。

Maginci A La Mode-d1

最後にご紹介します屋上部分。
北西奥の部分は二階の箱庭部分で屋上庭園と一体化する事を狙っていると感じました。そしてそれは二階の箱庭に出たときも同じで、屋上の庭園と一体化してまるで屋上に出たと錯覚してしまいます。
なぜこんな作りをw ??
と思いましたが、これはきっと服を選び疲れたお客をリフレッシュさせる効果を狙ったに違いない! きっとそうだ・・・w

以上お洒落なお針子Shop *Maginci A La Mode*のご紹介でしたが、この記事の趣旨の内装以外での残念なところが気になってしまった。
というのもベンダー達が肝心の服を売ってません!w (2015/11/11現在)
もう秋冬だし・・・・しかもイオドーン導入されてドンドン世間では新ファッションを謳歌している・・・・
New Magincia唯一のお針子Shop、Maginci A La Modeさん! これからも頑張ってw






コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
こらこら
ずみなてんちょー | URL | 2015/11/13(金) 12:07 [編集]
閑古鳥とは失礼ねw
商品が売れたらきっちり補充してくれる優秀な店員さんもいるんだから〜!!(私じゃないよ)
新レシピの入手もボチボチ頑張っているので、創作意欲はメラメラフツフツと湧いてきてます!
ただ、体がついてこないんだけどねw

改めまして、お店の紹介ありがとうございます☆
閑古鳥が鳴かないように補充頑張っていくので見捨てないでくださいね(^_-)-☆
無理をしないで頑張って。
Hazedon | URL | 2015/11/17(火) 00:25 [編集]

来月のクリスマスバーゲンには買いに行くから!
それまで体調が戻ることを祈っております・・・・

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © Age of New Magincia. all rights reserved.